7月8日の進捗メール【再録】

不当解雇撤回署名

2020年7月8日 —
5日足らずで100名の方から署名をいただきました。お礼のメールをお送りしたばかりですが、今日、7月8日時点での署名は231筆。一気に倍以上に増えました。合わせてあたたかいメッセージもいただいています。本当にありがとうございます。

今後ともSNSでのシェア、拡散などよろしくお願いいたします(支援する会、ハンセン病資料館分会ホームページなど、いずれもリンクフリーです)。口コミ、電話などのアナログ作戦も大歓迎です。署名用紙は以下よりダウンロードすることもできます。

不当解雇撤回の署名用紙、配布中です
ハンセン病資料館分会ホームページで配布している署名用紙と同じものです。お名前、住所をご記入の上、国家公務員一般労働組合(国公一般)まで郵送でお送りください。下のリンクからダウンロードできます。(pdfファイル 約2MB) 以下...

change.orgでネット署名いただいた方でも、もちろん署名していただけます。署名用紙裏面右下にあります国公一般まで、ご郵送ください。1枚の署名用紙で5筆まで、ご署名いただけます。

お礼のメールで恐縮ですが、引き続き不当解雇撤回支援のカンパも募っています。興味のある方は以下リンクをご覧ください。

https://yasagure.online/2020/05/18/支援カンパ用口座が開設されました/

寄付いただいた支援金は不当解雇された学芸員2名の生活支援、支援継続のための活動資金などに充てていきます。皆さまのお気持ちをお寄せいただけましたら幸いです。

ハンセン病資料館 不当解雇学芸員を支援する会

*この記事はchange.orgから7月6日、署名いただいた方へ向けて送信した進捗メールを転載したものです。
以下のキャンペーンページでもご覧いただけます。

キャンペーンに賛同!
国立ハンセン病資料館で発生した不当解雇の撤回をもとめています。 不当解雇を撤回し、2人の学芸員を資料館に戻してください!
タイトルとURLをコピーしました